日南しごと図鑑

採用担当ログイン

  1. ホーム
  2. 移住者
  3. 就職せずに起業。日南の焼酎を世界ブランドへ

移住者

2019.5.02

就職せずに起業。日南の焼酎を世界ブランドへ

Local Local株式会社 取締役 照井絢子さん

焼酎どころの宮崎県の南部に位置する、日南市・串間市には13の酒造があり、その蔵元13社で設立したのが日南酒造協同組合です。この組合は飫肥で日南酒造会館を運営しています。ここではそれぞれの銘柄の試飲販売をしており、多種多様な焼酎を比較しながら楽しむことができます。しかし、この店舗を任されていたのはおばあちゃま1人。「そろそろ後継者を見つけなければ、」と思っていた昨年、たまたまビジコンで日南市を訪れた照井さんが、ここで新たに事業を起こし、酒造会館の運営をサポートすることになりました。


 


岩手大学の卒業後に選んだのは、就職ではなく日南での起業


照井さんは1996年岩手生まれの22歳。この春、岩手大学を卒業しました。在学中に岩手県釜石市で開催された合宿型ビジネスプランコンテストBIZ CAMPに参加し優勝。その後は運営として携わり、昨年8月に行われた「BIZ CAMP in日南」で初めて日南市を訪れました。「地域の課題についてビジネスを通して解決する」を目的に、様々な事業プランが考案される中、運営スタッフだった照井さんは酒造会館に興味を持ち、仲間4人と起業することになりました。


 


日南で地域ビジネスを学び、岩手に還元したい


卒業後は大手の人材会社に就職するつもりでしたが、日南市でのビジコンをきっかけに「私が本当にやりたいことは何か」を何度も問い直した結果、「岩手の人が、岩手を誇れるような街にしたい」という答えが出ました。将来的には岩手の地域課題をビジネスの力で変えていきたい。そう思ったら、就職の道に進むよりも、地方創生のモデル都市である日南市で地域ビジネスや事業承継の経験をつみ、その学びを直接岩手に還元したいと考えるようになりました。また、日南市ではまだ、事業承継に取り組みきれていなかったり、若者が地域商材である焼酎を扱った大きな取り組みをしていなかったりするので、自分が携わるチャンスだと思われたそうです。それにしても岩手から日南、という物理的な距離の壁について聞いてみると、「ハードルはまったく感じないんですよね。ノリというか、直感で面白そうだから日南に来ようかなって。ただのバカなのかな?」と照井さん。その持ち前のフットワークの軽さは、どんなことも乗り越えていきそうな勢いさえ感じます。


 


日本酒育ち。焼酎の知識ゼロ。だから面白い。


照井さんの生まれ育った岩手県の酒文化と言えば日本酒。学生が日本酒を広める活動をしたり、自分自身も日本酒に慣れ親しんで生活してきました。「はっきり言って、焼酎の知識はゼロ。焼酎オタクとは程遠い自分が、焼酎を広める事業をするなんて、自分でも驚きですが、地域ごとに飲み親しむ酒造が違うなど、新しい発見をするのが面白い」と、カラッと笑いながらこれからの構想を話してくださいました。


 


日南の焼酎を世界ブランドへ



「この焼酎会館の運営をサポートするだけが、私たちの役目ではなくて、今ある1の状態を100に発展させて初めて私たちの役割が果たせるのではないかと思います。まず半年間は地域内販売の売り上げを拡大するために、観光ツアーの対応や外国人対応など、様々なアプローチを仕掛けていきたい」と、照井さんは意気込んでいました。また、地域内販売が軌道に乗れば、次はネット販売や、地域外の販売、イベントや焼酎好きのコミュニティ形成もしていきたいそうです。


 


日南は素直な自分でいられる場所
とは言え、日南の焼酎事業が軌道に乗ったら、岩手に帰っちゃうんでしょう?という意地悪な質問をしてみたところ、「って私も思ってたんですけど、素敵な人が見つかったら、永久移住してもいいかなって。日南の人は思っていることを何でも素直に話してくれるな、という印象。それがとても心地よくて。」と照井さんは話されました。その真意を聞いてみると、岩手で様々な活動をしていると「意識高い」とか「すごい」って周りに言われ、その言葉たちが邪魔して、自分のやりたいことや思ったことを周りに素直に話せない経験があったそうです。「日南に来て、相手が素直でいてくれるから、私も素直でいられる。今まで口に出せなかったことを素直に話してみると「それ面白いね」と応援してくれて。それが気持ちよかった。」と、嬉しそうに話されていました。


 


やりたいことがあるなら、欲求を丸出しにしよう


日南でこれから何かやりたい人に向けて、照井さんから一言いただきました。「とにかく一回、日南に来てみてください。その地域の温度感や雰囲気を知りたいのなら、その地域の人と話すことに尽きると思う。ポイントは、素直に話すことと、欲求を丸出しにすること。自分のやりたいことを口に出せば、必ず「それいいね」と言って、応援してくれる人に出会えるから。」


 


照井さん自身も、日南の人々に後押しされた一人。さぁ、これからまた日南が面白くなりそうですね。今後の事業展開が楽しみです。


 


(2019//3/1取材)


採用担当の方はこちら

日南で働きたい若者がいます。

採用を検討している企業の方