日南しごと図鑑

転職サービスログイン

採用担当ログイン

  1. ホーム
  2. 日南のしごと一覧
  3. 茶の栽培・茶園管理 / 正社員

正社員

有機栽培ならではの手作業の連続。根気強く、コツコツと

株式会社井ヶ田製茶北郷茶園

茶の栽培・茶園管理

給与
月給 170,000円 〜
勤務地
〒889-2402 日南市北郷町郷之原乙2341-1
〒889-2403 日南市北郷町北河内下里山2207

お茶の生産・加工・販売をしている井ヶ田製茶北郷茶園。「お茶はもともと薬として飲まれていたもの。農薬は使いたくない」というこだわりから、直営茶園は宮崎県で初めて有機JAS認定を取得しました。直営茶園限定の『有機煎茶 黒山』は日本のみならず海外のお茶好きさんからも愛されている一品です。そんな最高の一杯を生み出す畑は、人里離れた黒山という山の中腹に位置しています。

日南しごと図鑑の事務局が選考に関して案内します

難しいとされるお茶の有機栽培に取り組む

北郷駅から車で30分。杉が生茂る山道を登っていくと、井ヶ田製茶北郷茶園の直営茶園があります。お茶園と聞くと、防霜ファン(霜よけ用の大型扇風機)が何台も連なっている風景を思い浮かべる方も多いと思いますが、ここ黒山は一台もありません。標高350〜400メートルに位置する高地なので気温差があり、段々畑にそって風が抜ける土地は、古くから茶どころとして最適な土地でした。
そんな茶園では、非常に難しいとされるお茶の有機栽培に取り組んでいます。

すべては新茶のため。有機ならではの手作業の数々

新茶を摘めるのは1年に1度だけ。1年間の努力はすべてが新茶のためでもあります。農場スタッフの使命は、年間を通し茶葉に栄養を送るため土壌と日照の管理をすること。肥料撒き、除草、整枝(一番茶の刈り残しの茶葉を収穫し、茶樹の表面を整えます)など、それぞれのタイミングを見計らって作業をします。
特に有機栽培では除草剤も一切使わないので、常に雑草との闘いにもなります。例えば、畑と畑の間の斜面の草を刈ったり、お茶の樹の中に生える雑草を手で引っこぬいたり。除草剤を撒けば一瞬で終わるような作業も、有機栽培では一つ一つ手作業で行う必要があります。

日々お茶の表情を観察して、小さな変化に気づける力

「お茶づくりは“一期一会”と言いますか、仕事相手は自然。1年としてまったく同じ年はありません。」そう話すのは、圃場管理の責任者の諸井健人さん。諸井さんは19年間黒山とともに歩んできました。「一番茶を一番おいしい状態で収穫したい。そのために数々の手入れをするわけですが、そのタイミングを見極めるのって難しいんですよね。少しでもずれるとお茶の味が変わってくるので、未だにものすごく判断に迷います。小さな変化に気付けるように、日々お茶の表情を観察して、普段から同僚たちとあ〜でもない、こ〜でもないと話しながら作業を決めています。」

自然相手の仕事は、初めての経験ばかり

現在、圃場スタッフは諸井さんの他に、10年目の谷口さん、2年目の松尾さん、臨時のスタッフさん2名の合計5名。
松尾さん(写真右)は、コロナ禍を機に12年住んだ福岡から地元の日南に帰ってきました。「初めは体力面を心配してもらい、加工工場の方を勧められましたが、私は開放感のある自然の中で働きたいとお願いしました。すべての作業が初めての経験ばかりで、時期によっては疲れますが飽きないですね。気づいたら1年続いてましたが、やっとお茶作りの全体像が見えてきました。」社長の田村かおるさん(写真左)は「農業より土木作業と感じることもあるかもしれません。でも、その中で楽しさを見つけていけると嬉しいですね。」

JGAPや有機JAS認定、大手のOEMを受ける体制

井ヶ田製茶のビジネスモデルは『宮崎茶』だけでは東京で勝負することが難しかったので『オーガニック』を突破口に商品を並べるようになりました。その後も産地という切り口で売るのではなく『井ヶ田の一品ゆたかみどり』『濃いうまみ』『濃香あまみ』といった切り口の違うコンセプトで売り場を広げ、今では売上の9割が東京行きの商品です。

また、JGAPや有機JASの認定を取得し、大手スーパーのプライベートブランド商品を製造する管理体制も整えています。また、日本茶AWARDやフランスの日本茶コンクールで受賞し、井ヶ田製茶のファンは世界各地に広がっています。このような会社の体制も、彼らにとって「よりおいしいお茶を作りたい」という原動力になっています。

長く働くためにも無理をしない。根気強く、コツコツと

雨の日はカッパを着て作業をしたり、真夏の草刈りは、それはもう汗でぐっしょり濡れながら。雷がなったら車に避難し、体力の限界になるまでは働かない。
諸井さんに仕事の心構えを聞くと、「長く働くためにも無理をしない。根気強く、コツコツと」。体育会系のようなガツガツ働く様子はなく、作業中に世間話に花を咲かせることも。一人一人にノルマがないからこそ「チームで助けあって楽しく頑張ろう」という雰囲気がうかがえます。
「お昼休みは自分の好きな木陰までお弁当を持って行き、のんびりお昼ご飯を食べるのが好きですね。」と話す諸井さん。電波の通じない黒山で働くことは、自然とだけ向き合える贅沢な時間なのかもしれません。

(2021/9/8取材 渡邉茜)

給与

月給 170,000円 〜
※90日の使用期間終了後より 

勤務地

本社
〒889-2402 日南市北郷町郷之原乙2341-1
MAPを見る

農場
〒889-2403 日南市北郷町北河内下里山2207
MAPを見る

勤務時間

08:00 〜 17:00
または8:00〜16:00 (休憩60分)※1年単位の変形労働時間制(残業代は別途手当を支給)

休日

日曜、祝日、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、その他会社カレンダーによる(4月、5月の新茶の時期は茶市場に合わせる) ※年間休日92日

待遇

昇給、賞与あり(2020年度実績)、社会保険完備、健康診断(年1回)、ガソリンチケットにて通勤費を支給(距離に応じて月70Lまで)、マイカー通勤、社員専用無料駐車場あり

応募資格

林業・農業経験者歓迎。乾燥設備作業主任者・ボイラー取扱主任者等の資格をお持ちの方優遇(資格手当支給)、普通運転免許必須(AT限定不可)※農園管理記録はPC使用のため入力程度以上のスキルが必要です

まずは見学からでもぜひ。下記の「この求人に応募する」よりご応募ください。 応募後は日南しごと図鑑の事務局より書類選考及び面接日のご案内をいたします。在職中の方でもご応募をお待ちしております。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。 ※最初のご連絡は日南しごと図鑑の事務局からさせていただいております。

日南しごと図鑑の事務局が選考に関して案内します

株式会社井ヶ田製茶北郷茶園

会社名

株式会社井ヶ田製茶北郷茶園

所在地

〒889-2402
宮崎県日南市北郷町郷之原乙2341-1

設立年月

1967年3月1日

資本金

10,000,000円

事業内容

直営茶園や宮崎県内外で生産された有機茶・一般茶(荒茶)の仕上げ加工、袋詰め加工及び販売

社員データ属性

グラフにカーソルを合わせる、またはタップすることで、属性ごとの割合を表示することができます。

日南しごと図鑑の事務局が選考に関して案内します